こだわりのない私が使い続けるブランド品
こだわりのない私が使い続けるブランド品

お兄さんのブランドの落とし物、モノグラムの財布で一騒ぎ!

ブランドに興味を示す確率が高いのは女性だと思われがちですが、実際のところ、少しおしゃれな男性だとブランド物の財布やキーケースやハンカチなんかを愛用していたりしますよね。私の近所に住んでいる友人のお兄さんもその内のひとりで、とってもお洒落な彼はブランド物の商品をさりげなく身につけたりしていました。

そんなある時、私が大学へ行こうと家を出て駅に向かって歩いていると、約20メートルぐらい先をそのお兄さんが歩いていました。相変わらずお洒落だなあと思いつつそのまま歩いていると、ふいにお兄さんの後ろに何かが落下したではありませんか。「ん?なんだろう」と少々訝しみながらその落ちたものへ近づくと、なんとルイヴィトンのモノグラムの財布ではありませんか。どうしてこんなものがここに?と考えた瞬間、ハッとしました。恐らくこれはあのお兄さんのズボンのポケットから落ちたんだと、そう気が付いたのです。慌てて追いかけようにも、気が付くとお兄さんはすでにバスに乗車しようとしていました。このままじゃお兄さんが無賃乗車になってしまうと気が動転した私は、その場で渾身の力を込めて「お兄さーん!モノグラム!モノグラムの財布!落としてますよー!」と大声で叫んだのです。もちろん辺り一帯の人は一斉に私を見ます。恥ずかしさで顔が爆発しそうになりましたが、その行動の甲斐あってお兄さんは財布を落としたことに気が付き、結果無事にモノグラムの財布を手渡すことができました。ブランドの財布は高級品ですから、落としたりすると大変なことになります。自分も気をつけようと肝に銘じた出来事でした。


Copyright(c) 2017 こだわりのない私が使い続けるブランド品 All Rights Reserved.