こだわりのない私が使い続けるブランド品
こだわりのない私が使い続けるブランド品

姪と一緒に人気ブランドのモノグラムを買いに行きました

この間、久しぶりに姉と一緒に東京に行きました。本当は東京駅とその周辺を観て回るつもりだったんですが、そこに東京に住んでいる姪が加わったものですから、観光どころではなくなってしまいました。なんと、姪が人気ブランドのルイ・ヴィトンのモノグラムを見たいと言い始めたんです。久しぶりに会ったのだから、少しくらいショッピングに付き合ってもいい、そう思ってショップめぐりが始まりました。

本当は、姪が行ってみたいというファッションビルだけ行くつもりだったんです。ところが、途中で全然別のブランドのお店に立ち寄ってしまったため、そこに行く余裕がなくなり、東京駅でモノグラムを見ることになりました。姪はどんなものが欲しいのだろうと思っていたら、最近は便利なものでスマートフォンでカタログが見れるのだそうです。姪は、ちゃんかりそのカタログで欲しいものを決めていたようです。白い手袋をしたスタッフが、姪が見たいというアイテムを次々に持ってきました。もちろん、どれをとってもそれなりの値段のするものばかりです。見たアイテムすべてを購入することなんてできません。なのに姪はお構いましで、さらに他のアイテムを見せてほしいと言っていました。それで、とうとうまったく予定していなかった30万円以上の買い物をすることになってしまいました。どうも姪は、姉と私が来るというので、これ幸いとブランドのバッグを買ってもらおうと決めていたみたいです。

おすすめサイト



Copyright(c) 2017 こだわりのない私が使い続けるブランド品 All Rights Reserved.